時という雲

雲が流れる 右から左へ
時が流れる 過去から未来へ
青空だけでは気づかない
曇りがかった空だから気づく
ゆっくり雲が流れるように
ゆっくり時も流れているのだと
人生 速く過ぎている気がするし
遅く過ぎている気もするけれど
この雲をじっと眺めていると
この雲のスピードで皆生きている気がする
さあ 仕事に戻ろう
時という雲に乗りながら働こう
雲が流れる 右から左へ
時が流れる 過去から未来へ