笑いじわできた

立派な豪邸もいらない
高価な家財もいらない
お金だって何億もいらない
生活に困らないくらいあればいい
今いちばん欲しいものはと聞かれたら
真っ先に答える 人間との会話だと

笑いじわできた
いちばん欲しいものが手に入ったから
笑いじわできた
アナタとの楽しい会話が手に入ったから

いつかは世間を牛耳りたいだと
会話ができない人間は世間を牛耳れないだろ
いつまでたっても管理職に選ばれないだと
傷つきやすく気難しそうな人間は選ばないだろ
いつになったら自分が世間の中心になれるかだと
たわけ者
キャラも才能も半端もんのくせに
極めない人間は真ん中に立てないし
真ん中に立ってもコキ下ろされて
引きずり落とされるのがオチである

顔は知れているが親しくない職場の同僚に
廊下で無視して通り過ぎていかれ
何年もいるのに無視って何様のつもりと思い
同じエレベーターに乗りたくないと
時間を置いて同僚と違うエレベーターに乗る
そんな面倒くさい人間が
世間を動かせるわけないだろ
世間を動かしている人間は
そう簡単に不条理な人間の行動に傷つかないし
受け流しスキルが優れているし
間違っていても堂々と正しいと言い切れるものだ
そんな感じの詩を延々と綴りたいと
悶々としていたけど
欲しいものが手に入ると
無理して作ることもないと諦められる

笑いじわできた
いちばん欲しいものが手に入ったから
笑いじわできた
アナタとの楽しい会話が手に入ったから

バー帰りのエレベーターで
鏡に映る私の顔
そして笑いじわ
でも 誰でもいいわけではないから
いくら人気者でも
合わない人間とは合わないから
いくら厄介者でも
合う人間とは合うから
気の合うアナタと楽しい会話ができること程
最高の幸せはない

笑いじわできた
当たり前だ
いい歳したジジイだから
もっと顔の筋トレしよう
アメンボ赤いなあいうえおって言うけど
黒いアメンボしか知りませんと
車の中で大口開けて言いながら

(2013年)