豚汁定食710円

開いてない
吉野家が開いてない
営業時間が朝8時からと貼り紙
吉野家は朝8時前の客を切ったのか
仕方ないから近くの国道沿いの食堂を探す
何軒か見つけた
だけどやってない
朝7時ってこんなに食堂やってなかったっけ
職場から離れすぎない範囲でどこか食堂はないか
あった
見つけた
古びた建物のそば屋を見つけた
なんだこのそば屋
老いた店主が入りたての若い店員に何か教えている
そのあいだ料理作りが完全にストップしている
カウンター前には注文待ちのオッサン達がたまっている
こりゃとんでもないそば屋に入ってしまった
でもここしか開いている食堂はない
コンビニの弁当なんていつでも食べられる
時には出来立ての温かい食事が欲しい
そう思いながら注文の品を探す
そば屋だからそばがメインなのだけど
定食や丼ものもあるようだ
でも鶏カツ丼に鶏カツ定食とほとんど鶏系だ
こういう時って無性に豚系が食べたくなる
豚系はないか豚系は
あった
豚汁定食710円
もうこれでいいやと注文
もちろんすぐ出来る訳がない
入りたての若い店員は老いた店主の指示なしでは動けない
実質店主ひとりで大勢の注文待ちのオッサン達を相手にしている
本来はイライラするところだけど
吉野家慣れし過ぎていた私にはあまりにも新鮮過ぎた
こんな昭和チックな回転のスローな食堂まだあるのか
豚汁定食の方
若い店員が私に訪ねてきた
生卵と納豆どっちにする
どっちにするってタメ口か
心で苦笑いしながら生卵と即答
出来上がる順番も注文順じゃないみたい
もうハチャメチャな食堂で心の苦笑いが呆れ笑いに変わった
オッちゃん釣銭が違うぞとオラオラ風の客
すいませんと平謝りの店主
兄ちゃん教育しろやとオラオラ風の客
ひたすらすいませんと平謝りの店主
そのあいだ料理作りが完全にストップしている
こういう食堂だから急いでという気持ちもスッ飛ぶ
食べた後ふいた形跡のないテーブルでスマホをいじり待つ
豚汁定食の方
若い店員がやっと出してくれた
確かにご飯と豚汁はてんこ盛りだから豚汁定食だ
ただ漬物を多く添えてごまかしている感もある
まあ生卵もついているし朝食としては合格なのだけど
710円か
よほど常連客に支えられているそば屋だな
古びた建物から見ても長年やっているそば屋だろう
710円も長年の営業の末に設定されている値段だろう
どんなに入りたての若い店員が不慣れで回転がスローでも
味さえしっかりしていて
競合店が近所になければ
客は慣れで離れない好事例だ
今度このそば屋に来る時
若い店員は成長しているだろうか
それとも辞めているだろうか
いつになるか分からないけど
しばらくしたらこのそば屋のその後を見に来たい
その時豚汁定食はまだ710円のままだろうか

(2022年)