会社に殺される

私は会社に殺されそうだ
今まで我慢を重ねてきたけど
私は会社に殺される
今にも心は風船のように膨らみ爆発しそうだ

社会人になって十年
私はガムシャラに頑張ってきた
仕事が出来ない人間に思われたくなかった
だからガムシャラに頑張ってきたのだ
出世欲はなかったけれど
将来の自分のためと思って
ここまでしなければいけないのかと思いながらも
何でも断らずにやってきた

どこの部署に行っても
どのポジションに着いても
次から次へと仕事は増えて
いつでも残業は当たり前
一人二人と帰った後
気がついたら事務所の鍵を締めて帰る生活
それでも若かったから
意地とツッパリでやってこれた

でも ふと気がつけば
私と同世代の人達は次々に昇格し
私は今でもヒラ社員のまま
自分なりに精一杯やってきたけど
見えない人事は私を足りないと評している

私は下っ端だから
上の人をこき使えないから
意地でも自分で出来ることは頼らずにしてきたつもりだ
でも そんな私のことを周りは知らん振り
自分さえよければいいのだろうな
そう諦めてツッパって今までやってきた

でも私が出来ることにも限界がある
もう気持ちが先走っても
頭と体は麻痺寸前である
ロボットのように
何の感情も起こさずに
機械的に仕事をしろというのか

朝から晩まで休む間もなく
100パーセント以上の力で働き
それでも全然足りなくて
怒られはするけど褒められはせず
いったい会社は私を何だと思っているのか
私はロボットではない
人間だ
人間だから
全てを完璧にできる訳がない

私は殺される
安定した生活と引き換えに
私は会社に
殺される…

お前
言いたかったことはそれで全てか
気が済んだなら もう仕事を終わらせて
これから一緒に飲みにでも行こうか